旅行先での受診         

スウェーデンでは、居住地の住所により、所属県(Landsting)の医療施設を受診するようになっています。特に、紹介状(Remiss)が必要な大病院での専門医受診は特別な事情がない限り、受診できる大病院は決まっています。しかし、旅行中であれば決められた県内の医療機関を受診することが難しいため、旅行先でも近医(Vårdcentralen)を受診することが可能になっています。これは県(Landsting)と契約している外来施設が対象となります。この中に歯科は含まれませんが、歯科は元々どこを受診しても良いため、旅行先でも受診は自由とのこと。

紹介状(Remiss)が必要でない外来であれば、当然、県内外にかかわらず受診できます。
急病の場合は、救急外来は国内どこでも受診が可能です。

(1177 Vårdguiden nr 2 2017)

地元のVårdcentralenでもなかなか時間が取れないのに、旅行中の短期間に医師への受診の時間が取れる訳ないじゃない!というお声も聞こえそうですが…。

 

https://www.1177.se/Stockholm/Other-languages/Engelska/Regler-och-rattigheter/Film-Valja-vardmottagning/

 

スウェーデン人はサマーハウスに4-6週間滞在という事もよくあり、定期的に抗がん剤を受けている患者さんはサマーハウスのある地域で化学療法(抗がん剤)を受けることも可能です。但し、夏のスウェーデンの医療現場は何処も人手不足で、必ずしも県外からの患者さんの治療を受け付けることが出来るほどの余裕があるとも限りません。

 

まずはサマーハウスのある地域のどの病院で化学療法が受けられるか確認し、もし引き受けてもらえそうならば主治医に紹介状を書いてもらってください。主治医が紹介状を書いてくれないという事はないとは思うのですが、県外での治療費は、元々住んでいる県(病院)の支払いになり、地元でかかる医療費より高めに設定されています。県(病院)としては出来るだけ医療費を抑えたいので、残念ながら紹介状は書けないという答えが返ってくることもあるかもしれません。(私の経験では経済上の理由から紹介状を書かないというケースには出会ったことはありませんが、可能性としては0とは言えないかな?と思います)。ちなみに、患者さんが支払う限度額は国内均一です。

ストックホルムの私の職場では、毎年数人の患者さんがサマーハウスのあるGotlandのVisby病院で抗がん剤の治療を受けています。それと同時に、知らない場所で治療を受けるのは気が重いから、請求書や手紙などを自宅に取りに来るついでに、ストックホルムの病院で治療を受けるという患者さんもいらっしゃいます。

#Lisa Indra


Alvedonの過量服薬

スウェーデンでよく使われる鎮痛剤にAlvedon®(paracetamol,アセトアミノフェン)という薬品があります。アスピリンやイブプロフェンなどの非ステロイド性抗炎症薬と違って、胃への刺激が少なく、血液凝固,腎臓への影響なども少ないことから、スウェーデンでは非常によく使われています。殊に、Alvedon 500 mgは処方箋がなくても薬局で購入できる解熱鎮痛薬の一つです。

今回、問題となっているのはAlvedon 665㎎です。

このAlvedon 665㎎の過量服薬のため、この春に肝臓移植をしなければならないケースが2件あったそうです。

 

一般のAlvedonは500㎎で、1回2錠,一日で8錠まで内服可能。

そして、このAlvedon 665mgは、1回2錠、一日6錠まで内服可能です。

Alvedon665㎎は一日に内服する錠剤の数を減らせるため、喜んでいる患者さんも沢山いらっしゃいます。その為、スウェーデンではここ数年このAlvedon 665㎎の処方が増加傾向にあります。

 

通常のAlvedon 500㎎の過量服薬のため行われている現在の治療は、Alvedon 665㎎の大量の過量服薬時には不十分であるとの意見も出ています。そして、Europeiska läkemedelsmyndigheten(欧州医薬品庁)が、Alvvedon665mg 使用時の危険性について調査中で、この夏に結果が発表されるようです。

 

この二つの薬はよく似ています。自分の内服しているAlvedonがどちらのタイプなのかしっかり確認してから内服をするようにしてください。

 

https://www.svt.se/nyheter/lokalt/vast/lakare-varnar-for-viss-typ-av-alvedon?cmpid=del%3Apd%3Any%3A20170619%3Alakare-varnar-for-viss-typ-av-alvedon%3Anyh

#Lisa Indra


男子にも「ヒトパピローマウイルスワクチン」ワクチンを!

ノルウェーでは来年より7年生の男子に「ヒトパピローマウイルスワクチン(HPVワクチン,

子宮頸がんワクチン)を投与する」と発表しました。

以前からオーストラリアやカナダでは、子宮頸がんの原因となるHPVウィルスのワクチンを男子にも投与していました。このウィルスは子宮頸がんだけでなく、頭頚部がん、陰茎がんや直腸がんの原因にもなり、近年これらの疾患は増加傾向にあります。

 

現在スウェーデンでは5・6年生の女子に対して、HPVワクチンを無料で投与しています。 Folkhälsomyndigheten では男子に対してのワクチンをどうするか検討中です。

 

以上はこちら()からの情報です。

日本でも、男性に対するHPVワクチンの臨床試験が行われているようです。

http://www.clinicaltrials.jp/user/search/directCteDetail.jsp?clinicalTrialId=14845

 

しかし日本では、女子にワクチンを接種あとに原因のはっきりしない長引く痛みや運動障害などの様々な症状が報告されたことで、国による接種の推奨が差し控えされています。そういう背景があるので、きっと男子に対してのワクチンの投与は国民からの支持を得るのは難しいのではないかと、個人的に想像します。

#Lisa Indra


日本で看護師免許をお持ちの方でスウェーデンの免許取得を目指す方へのアドバイス

HPを通して、日本で看護師の有資格者がスウェーデンの資格を目指す場合での質問をいただきました。
会員のKexさんが幾つかアドバイスをなさっているので、それをここに記事としてアップします。

日本でのスウェーデン語の勉強についでですが、私自身スウェーデン語が全くできない状態(挨拶と1から10まで数えられる程度)で来ました。SFI (svenska för invandrare /swedish for immigrants 、移民がスウェーデンで通える語学学校)で使うようなテキストをパートナーさんに入手してもらって勉強するのも一つの手かもしれません。

私がスウェーデンに来てスウェーデン語を勉強し始めてからまあ役に立ったかなと思う本をいくつか紹介しておきます(日本で入手できるかはわかりませんし、勉強し始めの初歩の段階には合わないかもしれませんが。)。

Common Swedish verbs よく使う動詞がリストになっていて、活用変形も載っているので文章を書くときに重宝。
http://www.bokus.com/bok/9789197422000/2000-common-swedish-verbs-quick-reference-to-the-essential-forms-includin/

A concise swedish grammar 文法を理屈で理解したいときには重宝
http://www.bokus.com/bok/9789127502529/mal-svenska-som-frammande-sprak-a-concise-swedish-grammar-svensk-grammatik-pa-engelska/

Svenska Ord スウェーデン語・スウェーデン語の辞書。簡単なスウェーデン語で説明されている。例文が結構載っていて中級くらいになると、使い勝手がいい。
http://www.bokus.com/bok/9789185128587/svenska-ord-med-uttal-och-forklaringar-28500-ord/

Engelsk Bildordbok  絵で示してある英語スウェーデン語の辞書。
http://www.bokus.com/bok/9789113025490/engelsk-bildordbok-svenskengelsk/?gclid=Cj0KEQjwx6TJBRCWtsiXpI7bhOYBEiQA1en3Fzt2DpFM4tB6NZQbF11-ifN9uHw6QxiIU9pN_1QqUTAaAquf8P8HAQ

Svenska i vård och omsorg 医療や介護で使うスウェーデンが簡単な文章で解説されている。中級以降向けでしょうか。
http://www.bokus.com/cgi-bin/product_search.cgi?ac_used=no&search_word=svenska+i+v%E5rd+och+omsorg

日本の看護師免許を持っている人がスウェーデンの看護師免許を取るための1年間のプログラムについてですが、最初の半年は主講義(スウェーデンの医療システム、医療に関する法律、ベーシックな医療知識、薬理学、看護倫理 など)後の半年は実習(地域の診療所、老人施設、病棟)だったと思います。プログラムを終了後socialstyrelsen (資格免許の管轄しているところ)に申請書をだすと免許が取れます。

今はStockholm のKarolinska Institutet と Göteborgs universitetでプログラムがありますが、2018年からLinnéuniversitetet (Kalmar/Växjö) とHögskolan i Gävle 、 Luleå tekniska universitetでも始める予定があるようです。

それから1年間のプログラムを取らずとも、自分で勉強してkunskapsprovと呼ばれる試験をパスし、いくつか実習をこなすと免許をとれるという方法もあります。これは私は経験がないので、経験がある方から情報があるといいのですが。

 

 

管理人から付け足しです。

他の会員の方も、是非、コメント欄で補足をお願いいたします!
管理人は看護師免許ではありませんでしたが、語学に関するステップは同じような感じでした。
次のテキストを徹底的に独学し、SFIとSASGはスキップしました。ご参考までに。


子供が病気になった時、何処を受診すればいいの?

日本とは医療システムが違うし、なかなか医師の診察の時間も取れなくて大変!自分が病気の時はともかくとして、子どもが病気になったらどうしよう…と、思われている方も多いのではないでしょうか?

今回は子どもが病気になった時にお世話になりそうな施設のシステムについて少しご紹介をしようと思います。

 

近医 

Husläkarmottagningen och vårdcentralen(VC) – grunden i er vård

 

こちらの施設は年齢に関わらず、全ての患者さんの一般診療を行っています。多くのVCで予約なしで診てもらえる時間(Dropp in)が設けられています。ご自分のVCのページで確認してみてください。また、Dropp in のシステムがないVCでは、その日に連絡を取ってその日に予約ができるという事が出来ると思います。

 

VCを受診するためには、そのVCに登録しておく必要があります。Vårdguidenに個人的にログインして登録することが出来ますし、登録用紙をもって希望のVCに直接提出、または郵送で受け付けてくれます。第一希望のVCに登録患者さんが一杯の場合は登録をしてもらえない場合もあります。その場合は、他のVCに登録するか、第一希望のVCの枠を順番待ちすることが可能です。

 

登録用紙(大人用)

https://www.1177.se/Dokument/Stockholms%20l%c3%a4n/Vardval/Valblankett_HLM_Vuxna.pdf

 

登録用紙(18歳以下)

https://www.1177.se/Dokument/Stockholms%20l%c3%a4n/Vardval/Valblankett_HLM_Barn.pdf

こちらでの子どもの診療は無料です。

 

ストックホルム県内だけでも200以上のVCがあるため、残念ながら何処のVCがいつ予約なしの診察時間なのか?という事は省略させていただきます。1177vårdguidenで、調べてみてください。

 

当番医 (夕方や休日に診察を必要とする場合)

Närakuten När ni behöver hjälp kvällar eller helger

 

時として、翌日まで待っていられられないような症状の時もあるかと思います。その時はNärakutenという施設があります。こちらは長時間待たなくていいように、電話で予約が推奨されていますが、直接の受診も可能です。予約は1177又は受診先のNärakutenに電話をして下さい。18歳までのこちらでの診療は無料です。

 

ストックホルム県内のNärakutenのリストはこちらです。

 

 

子育てセンター

BVC – ett stöd för barnets hälsa och utveckling

 

こちらでは7歳までの検診とワクチンの投与を行っています。子育て・子供の成長についてのアドバイスが受けられますし、出産後の精神的な不安のサポート的な役割も果たしているようです。こちらの受診は無料です。.

 

小児救急外来 (重病な時)

Barnakuterna – för de svårast sjuka

 

ストックホルム県内では4つの施設があります。残念ながら年齢・症状によって受診を推奨される場所が違ってきます。こちらへの受診は120krかかります。

-Astrid Lindgrens barnsjukhus i Solna

-Astrid Lindgrens barnsjukhus i Huddinge

-Sachsska barn- och ungdomssjukhuset, Södersjukhuset

-Barnmedicinsk akutmottagning Danderyds sjukhus

詳しくはこちらのページで確認してみてください。

注意)外科的処置の必要な大きな外傷や骨折などの整形外科的処置が必要な場合、子供救急外来は14歳までが対象で、15歳以上は一般用の救急外来(Vuxenakuten)が対象です。

 

小児科外来 

BUMM – Om ditt barn behöver träffa en barnläkare

Barn- och ungdomsmedicinska mottagningar

 

ストックホルムには35の小児科外来があります。一般的にアレルギーや喘息などの慢性疾患が対象ですが、近医では治療が出来ないと判断された場合に受診の対象となるようです。また、一歳以下のお子さんの場合、慢性の疾患でなくても受診が可能です。

こちらは予約制で、近医からの紹介状か自分で電話をして予約することになります。しかし、電話対応で「まずは近医に行ってみてください」と言われることもあり、近医からの紹介状があったほうが予約がスムーズのようです。

 

スウェーデン語が出来ないとなかなか利用しづらいシステムですし、言葉に自信がなければ電話をして予約するのも大変だと思います。施設によってはVårdguidenにログインをして、ネットで予約が出来るところも沢山あります。喋るのは苦手でも、時間をかければ書いたり読んだりは何とかできる…という方もいらっしゃるのでは?

また、スウェーデン語は出来ないけれど英語なら大丈夫という方であれば、電話の1177では英語の対応もしています。

 

ほとんどの受診の場合通訳を予約することが可能です。予約の時間が取れていれば、受診先にお願いをして、日本語の通訳を予約してみてください。

 

この情報はこちらのページからの情報を簡単に訳してみました。スウェーデンの医療システムは比較的頻繁に変わることが多いので、細かい部分は変更があるかもしれません。スウェーデン語が読める方はこちらのページをお読みください。

 

また、こちらでは英語でスウェーデンの一般の医療システムについてまとめてありますので、お読みください。

# Lisa Indra


新カロリンスカ病院では救急のキャパシティーが全く足りない

新カロリンスカ病院では、ほぼ全病室が個室になりますが、ベッド数も旧病院に比べて減少します。救急に関しては、基本的に高度救急と癌など特定の疾患に限って診療をすることになるのですが、ベッド数だけでなく救急のキャパシティーが足りないことが懸念されています。記事はこちらから。

 

現在の旧病院では、年間約8万件の救急症例を扱っています。新病院では、これまで扱ってきたドロップインの患者さんは受け付けません。紹介状のある患者さん、あるいは、救急車で搬送される患者さんに限るということで、つまり、救急の中でも高度救急に限り診療することになります。以前の情報では、年間、2万5千から3万ほどの症例を受けるということでしたが、実際は1万2千しか診療できないということらしいです。低次救急へ患者さんを振り分けるということで解決するという説明ですが、混乱は避けられないでしょう。

# Dragonmamma


メラノーマ週間

ヨーロッパでの悪性メラノーマの発生率は日本の発生率よりもかなり高く、発生率は10倍とも言われているようです。そんなヨーロッパでは毎年「メラノーマ週間」というプロジェクト・イベントが開かれています、2017年はは5月15‐19日。悪性メラノーマやその他の皮膚がんの早期発見と知識の普及・啓蒙活動を目的とし、ヨーロッパでは30か国以上の国がこのプロジェクトに参加しているようです(こちらをご覧ください。)。

そのイベントの一つが「皮膚がんの早期発見」。
5月15日から19日の間、国内の皮膚専門クリニックが紹介状なしに、診察を受け付けてくれています。予約枠には限りがあるようなので、気になる方はお早めに(診察は有料です。)。

予約の情報のページはスウェーデン語のみです)

#Admin


ストックホルムの病床の15%が閉鎖中

今回は、会員のブログより転載します。

日本の医療現場では考えられない「ベッド不足」という問題は、スウェーデンの医療現場では日常茶飯事です。

(以下、転載)

スウェーデンの病院では週末や長期休暇の季節になると、勤務者の数に応じて診療の規模を縮小します。例えば、夏季休暇中であれば、ベッド数も半分、オペ件数も外来も半分になります。そうすることにより、医療従事者が4−5週間の休暇を取得できるようになります。

カロリンスカ大学病院のベッド数は1543床。2017年4月で、その22%に当たる337床が閉鎖されていたのだそうです(DNの記事より)。

 

ストックホルム県の3476床でみると15%に当たる509床が閉鎖されていたのだとか。そしてこの数字は去年に比べ4%多いのだそうです。

閉鎖の原因は、スタッフの不足、特に看護師の不足です。

Hela länet, antal öppna vårdplatser(ストックホルム県の使用可能なベッド状況):

April 2016: 3064 av 3.429 fastställda vårdplatser

April 2017: 2967 av 3.476 fastställda vårdplatser

Karolinska universitetssjukhuset(カロリンスカ大学病院):

April 2016: 1320 av 1.562 fastställda vårdplatser

April 2017: 1206 av 1.543 fastställda vårdplatser

Södersjukhuset(南病院):

April 2016: 646 av 698 fastställda vårdplatser

April 2017: 604 av 708 fastställda vårdplatser

予定手術がキャンセルされる理由もいつもだいたい同じ。手術室の看護師さんの不足か、ベッドがないこと。予定手術をキャンセルするときには、その日の患者さんの病状を比較して優先順位をつけ、優先順位の低い患者さんからキャンセルすることになります。どうしても良性疾患は優先順位が低くなりますし、悪性疾患でも悪性度や病期によって優先順位をつけます。ベッドが不足して患者さんを退院させたり転院させなければならない時も、症状の軽い患者さんから退院してもらうことに、、、。看護師さんへの負担が重くなると、大学病院の低い待遇と重い労働に耐えきれず、退職していきます。常に、ギリギリのところで運営しているという印象。

カロリンスカ大学病院の新棟建設に当たって、巨額の報酬をコンサル会社(BCG)に無意味に支払い、看護師さん確保にはお金を出し渋るという本末転倒振りでは、ストックホルムの今後の医療に不安が募るばかりです。

#dragonmamma


小さなお子様をお持ちの方に役に立つページ

Facebookにこんなページがあるのをご存知でしょうか?
お子さんとの生活がちょっと楽に、ちょっとだけ健康的になるようなアイデアやアドバイスがあるようです。

ストックホルム県在住で小さいお子さんをお持ちの方が対象で、しかもスウェーデン語だけなので、活用できる方は限られているのかもしれませんけど。

なお、このページでは個人的な健康相談は受け付けていないそうです。その場合は、1177へ電話するか、個人でログインをしてネット経由で質問してみてください。

#Lisa Indra


スウェーデンの医師免許取得に関する医師組合からのコメント

より早く、患者にとって安全なスウェーデンの医師免許への道(Snabbare och patientsäker väg till svenskt leg)というタイトルで、Läkartidningenに医師組合の代表から寄稿がありました。日本ではこのようなことを考えることはなく、スウェーデンならではの寄稿です。少子化が進み、労働力が低下してゆく日本にとっても参考になるかもしれません。オリジナルはこちらから。

 

 

スウエーデンの南から北、都市や地方の医療を充足させるためには、いろいろなことが起こる必要がある。近年、スウェーデンの国外で教育を受けた医師の供給は、必要不可欠であり、有用である。2015年に医師免許を得た2579人の医師のうち、59%に当たる1509人がスウェーデン国外で教育を受けた医師であった。その内訳は、スウェーデン以外のEU各国で教育を受けたスウェーデンの学生、難民としてやってきた医師、ポスドクや教授として研究をするためにやってきた医師などである、また、EU内や、EU外からlandsting などにヘッドハンテイングされた医師も沢山存在する。

 

スウェーデンにやってくる医師の医師免許を取得する際の能力は、患者に安全であり、法律上安全でなければならならず、医師免許への道は敏速であるべきだが、これまで遅速で理解するのが難しかった。これら医師が医師免許を得るまでに、2011年では専門医を持つ医師は2.7年、非専門医では6年を要した。そこで、SocialstyrelsenはEU外の医師免許を持つ医師が、新しい知識試験と実地研修を受けることによりスウェーデンの医師免許を取得できるようにした。

 

知識試験はウメオ大学が担当することになっており、今後さらに発展する。理論の部分はこれまでに二回、実地の部分は一回施行され、何名かの医師がその新しい試験に合格し、実地研修に進むことになっている。

 

能力検定のレベルをちょうど良い高さにすることは容易なことではない。医師組合はEU外の資格を持つ医療従事者で構成される「未来の医療従事者組合」とともに、いくつもの提案がある。スウェーデン語で記載されている質問や条件を理解するためには、試用期間を延長する必要がある。最初の2回の試験に不合格となった医師は、これらの回数を最大3回まで許されている知識試験と2回までの実地試験の回数に含めなくて良い。医師組合もウメオ大学での知識試験の改善に取り組むチームに参加している。

 

試験を受ける医師それぞれの助けとなるために、医師組合と SKL(Sveriges Kommuner och landsting)はArbetsförmedlingenを通してweb上で受けられる知識試験の準備クラスのための準備をしている。知識試験の前にテストの形式や問題の形式について良く知っている必要がある。

 

実地研修については未だ不明な部分が多い。医師組合は、研修が全国的に行われ、それぞれの医師が研修場所を探す必要がないようにするために活動をしている。医師組合は実地研修について、ATやSTと同じように、規則が定められるべきだと考えている。

 

医師組合の取り組みは公式な医師免許取得への道だけではない。新たにスウェーデンにやってきた時、医療現場でのネットワークを得ることや実地のスウェーデン語を学ぶことは大切である。どこで教育を受けたにかかわらず、我々は新しい同僚に対する責任を負うことが大切である。医師組合は社会経験として、スウェーデンでの就職の助けやイントロダクションとしてのスポンサープログラムを開始した。最初のグループはすでにストックホルムでの会合を開始した。SYLF(Sveriges yngre läkares förening)はスプロークカフェを始めたし、Upplandのallmanna läkarföreningは知識試験の前の勉強会を、他のföreningはEU外で教育を受けた医師の会合を企画している。これら地方の取り組みは大切であり、新しい同僚のために活動することは他人を助けることであり、自分自身の視野を広げることでもある。

 

Emma Spak

医師組合代表

#Dragonmamma