子供の近視


近視の決定的なメカニズムはわかっていませんが、遺伝や生活環境など複数の要因が関係することは、研究によって明らかになっています。近視になる年齢が早いほど、将来高度の近視になる確率が高くなります。近視が進むと、眼鏡やコンタクトレンズでの矯正が必要になるばかりでなく、将来、白内障・緑内障などを発症するリスクも高くなります。子供の近視を治療することはできませんが、進行スピードを遅くし、近視の度数をできるだけ低く抑えるための方法が研究され、その幾つかは既に利用されています。(multifokal kontaktlinserやnattlinserなど)

近視と近視抑制についての情報が、子供の目の健康に関わる現場でどのように扱われているかをアンケート調査し、卒業論文としてまとめました。回答者133人で大きな研究ではありませんが、optiker、ortoptister、BVC-sköterskor、skolsköterskorの四つの職種から、貴重な意見を集めることができました。

スウェーデンには、先天性の目の病気や斜視弱視の子供を早期に発見し、適切な治療を施すための優れたスクリーニングシステムがあります。一方で、増加傾向にある子供の近視への対応は、確立していません。この分野の教育を受け、知識を持っているのは、眼科医の他にはoptikerです。一般的に、「眼鏡屋さん」と認識されているoptikerですが、目の健康についての相談を受ける役割も担っています。気になることがある方は、ご連絡ください。

子供が近視になる確率は、片親が近視の場合3〜4倍、両親が近視の場合6〜7倍と高くなります。10歳未満で、近視による裸眼視力が0,6以下の場合は、高度近視になるリスクが高いと言えます。まず、誰でもできる子供の近視対策は、近くを見る作業時間を制限することと、屋外にいる時間を確保することです。(日に3時間以上の近距離作業で、高度近視になるリスクが2,6倍)既に近視になっている場合には、眼鏡やコンタクトレンズの矯正で、はっきりとした画像を見るようにすることも大切です。

# めがねうさぎ


Vårdgaranti


2019年より、Vårdgarantiの期間が変更になりました。

どの患者さんも3日以内に医療従事者による診察が確約されているとの事です。但し、これは医師だけに限らず、国家資格を持っている医療従事者なので、看護師や理学療法師の診察も含まれます。

急病の際の救急外来はこれには含まれません。

ストックホルム県の場合 0-3-30-90システム

連絡当日(0日):近医(Vårdcentralen)に連絡すれば、その日のうちに連絡が帰ってくる。(注意:その日のうちに診察となる訳ではありません!)

3日以内に医師、看護師または理学療法士による診察

診断書が受理され、専門医の診察が必要と判断されてから、30日以内に専門医の診察を受けられる。

医師、又は医療従事者が治療が必要だと判断した場合、出来るだけ早く治療開始となるが、最長でも90日以内に治療開始となる。

Vårdgarantiに関しての質問は、まずは近医(VC)へ。

専門医の受診が30日以内に叶わない場合、又は90日以内に治療開始とならない場合は、その専門外来へ連絡するか、またはVårdgarantikanslietに連絡してみてください。他の専門医で順番待ちが短いところを見つけてくれるそうです。

電話番号: Vårdgarantikansliet  08-123 134 00.

https://www.1177.se/Stockholm/Regler-och-rattigheter/Vardgarantin-i-stockholm/

VCに毎日数えきれないくらいの電話がかかってくるのを知っているので、個人的にはかかってきた電話に対応することが本当に出来るのだろうか?という気もしますし、3日以内に受診…と言うのも、今のスタッフの数で可能なんだろうか?という気もします。

ただ、これは質を下げれば可能なのかも?と。

VCで働いている友人もいるので、あとでこっそりと現状を聞いてみるつもりです。

また、Vårdgarantiは住んでいる県によって違うので、Vårdguiden1177で自分の地区のVårdgarantiを調べてみてください。

# Lisa Indra


Egenanmälan/Egenremiss



スウェーデンではほとんどの場合Vårdcentralenにいる医師を通して専門医に紹介状(Remiss)が送られますが、皆さんは自分でこの紹介状が書けることをご存知でしょうか?

これはegenanmälan、egenremiss またなは egen vårdbegäranなどと呼ばれています。

場所によっては記入フォームがあったりもしますし、Lanstingen(県)によってはネットで自分のカルテにログインし、そこから紹介状を送ることも可能なようです。

医療施設によってはほかの医療機関からの紹介状が必要な場合があるので、受診したい専門医の受付にegenanmälanを受け付けているかを書く前に確認してみてください。

egenanmälanに含まれるべき内容

・パーソナルナンバー、名前、住所、電話番号

・症状や疾患の情報

・なぜ専門医に受診したいかという理由

https://www.1177.se/Stockholm/Regler-och-rattigheter/Remiss/

Lycka till!

# Lisa Indra


2019年 新年会

            

先日、ストックホルムのAsashi Fondue&Grillにて新年会を開催しました。

お肉・シーフドをたらふく食べ、日本語で愚痴を言いあい、情報交換。

楽しい会になりました。

(あまりに食べ過ぎて、私の夕飯はシリアルでした…)

不定期になりますが、このような会を今後も開催したいと思っています。

スウェーデンの医療従事者の皆様(または未来の医療従事者の方)、会への参加を心よりお待ちしております。

幹事

# Lisa Indra


Vita Arkivet (白の記録:死後に関する故人の希望)

 日本人の看護師さんに

スウェーデンの病棟には”the white file”と呼ばれる物を看護師が保管していると聞きました。患者さんに、今後の希望などを書いてもらう用紙だと聞きましたが、そのファイルもとても興味があります。

というメールを頂きました。

 

私自身はここ数年外来勤務で、The white fileの存在は知りませんでした。がんの入院病棟やASIH(在宅高度医療)で働いている友人たちに聞いてみたところ、「それってVita Arkivetのことかな?」と。

 

このVita Arkivetはこんな感じで始まっています。

Det kan kännas konstigt att tänka på sin egen död och begravning. Men att ägna en stund åt just det är en bra idé. Dels av omtanke så att dina anhöriga en dag slipper gissa vad du skulle ha önskat. Dels kanske det finns saker som faktiskt är viktiga för dig. Det kan du få sagt i Vita arkivet. Resten kan du lämna åt dina närmaste att bestämma om. (自分の死や葬儀を考えるのは不思議な感じがするかもしれません。でも、ちょっとの時間そんなことを考えるのも悪くないと思いませんか?残される家族のため。そしてあなた自身のためにも)

このVita Arkivetには、患者さんが自分の葬儀やお墓に関しての希望、経済的・法的な事で身内に伝えておきたい事などが書けるようになっています。ダウンロードしてプリントアウトすることも可能ですし、Web上に書き込みそのまま保存することも可能なようです。

 

宗教によって葬儀の時期は様々ですが、キリスト教のスウェーデン人の場合、死後4週間後に葬儀という事も珍しくありません。その間、家族は故人らしい葬儀を計画していきます。その時にVita Arkivetがあれば、故人の希望に沿った教会や棺、葬儀で流す音楽を計画していく事が可能です。

0年近く在宅緩和医療で働いている友人から「これは医療の一環ではないので、私から患者さん達にこのVita Arkivetの記入を勧めたことはないな。ただ、医療職としてこのVita Arkivetの存在を知っていることはすごく重要だと思う。自分では勧めたことはないけれど、受け持っていた患者さんがVita Arkivetを書いていたのは知っているよ」という返事をもらいました。

 

看護師である彼らは勧めていないかもしれませんが、スウェーデンではKurator(日本のソーシャルワーカーに近い職種?)というスタッフが死後の様々な事務的なことに関して相談に乗ったりもするので、そのKuratorからVita Arkivetの情報が入った可能性もあるかもしれません。

 

http://fonusost.se/wp-content/uploads/2015/10/va_blankett_2013_31maj.pdf