日本の助産師免許を持ち、スウェーデンで助産師を目指す方へ

以前はEUとスイス以外の助産師免許を持っている人は、まずスウェーデンの看護師免許をとり、それから助産師免許を取るという流れでしたが、2017年の1月からスウェーデンの看護師の免許がなくても、直接助産師免許の申請ができるようになったようです。この背景には、看護師の免許なしで助産師の免許が取れる国があること、スウェーデンでの助産師の人材不足があるようです。

Socialstyrelsen (資格免許を管轄している所)のHPで新しいシステムでの助産師免許取得までの過程をわかりやすく説明しています。

https://legitimation.socialstyrelsen.se/en/educated-outside-eu-and-eea/midwife-new-system-for-applying-for-a-license-to-practice-for-midwives

そこからちょっと抜粋して説明を加えておきます。

1Application for assessment of your education

日本での教育、免許を査定してもらうための申請をする。申請にかなり時間がかかるので並行してスウェーデン語の勉強(svenska3まで終了している必要あり)をするようになると思います。

https://www.socialstyrelsen.se/blanketter/Documents/blankett-granskning-utbildning-utanfor-eu-ees.pdf

2Taking the proficiency test for nurses

Once your education has been assessed, the next step is taking a proficiency test for nurses. The proficiency test consists of a theoretical part and a practical part, and it is in Swedish. The knowledge required as a nurse is included in the Swedish requirements for midwives and this is why this test is the first step.

看護師としての知識を見る筆記試験を受ける。これにパスしたあとは、助産師免許を取るためのステップに直接移行できます。(もちろん看護師免許も欲しければ、看護師筆記試験のあと実習などをして看護師免許をとってから助産師免許のステップに行くことも可能です)

3Taking the proficiency test for midwives

助産師の筆記試験を受ける。

試験にパスした後はスウェーデンの法律などに関する講義をとり、実習をすると助産師免許の申請ができるようになります。

 

★ちなみに海外の助産師免許持っている人のための学校で学ぶ1年間のプログラムもあります。これを受けると上記の筆記試験が免除になり実習も学校でアレンジしてくれるので、自分で探すよりはずっと楽だと思います。欠点はたぶん大きな都市ストックホルムなどでしかやってない事でしょうか。Karolinska Instituteのプログラムの担当者にメールで問い合わせをしてみたら、スウェーデンの看護師免許を取っていなくても、日本での教育の査定とスウェーデン語(Svenska 3)がクリアできてれば申し込みができるようです。

https://ki.se/utbildning/7kb18-kompletterande-utbildning-for-barnmorskor-med-utlandsk-examen-fran-land-utanfor

 

最後に、システムや規則はその時々で変わることも大いにあるので、実際にプロセスを踏むときにはご自分で最新の情報を確認してください。

 

# KEX

 

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *