美容サロンで点滴セラピー

先月ストックホルムの “Beauty Drop”という美容サロンで「点滴セラピー」というのが始まりました。「長時間の飛行後にエキストラのビタミンと水分を体に直接投与して、「水分保持!」「二日酔いにも効果あり!」と宣伝をされているようです。

 

調べてみると、日本にもありました。
が、こちらは美容外科のクリニックで医師の処方によるもののようです。

 

ストックホルムのエステサロンでは、どうも医療スタッフはいない様子(はっきりとは分かりませんが)。ただ、Socialstyrelsenの法律専門家によれば「点滴を指すのに免許が必要という文面は今の法律にはないため、看護師免許や医師免許がないスタッフが点滴を刺しても違法ではない。しかし、衛生上の観点からMiljöbalken(環境に関する法律)には関わってくるのではないか?」とのこと。

 

また、Läkemedelverket (スウェーデン医療製品庁)は、使用しているRinger Acetatという点滴は処方箋が必要なので、どのようにして入手しているのか?海外から不法に輸入しているのか?正規のルートであれば、だれがどのようにして入手しているのか?なども調べている様です。

 

色々なお役所がこのエステサロンでの点滴治療について調査中だという事です。

 

さてさて、その効果はどうなんでしょう?
気持ち悪くて全く水分の取れないような二日酔いには効果があるのかな?とは思いますが、長時間の飛行の後の水分補給に点滴は効果があるのか?個人的にはちょっと疑問です。しかも、1000ml1時間で投与。一気に体内に入って、一気に出て、そのペースで本当に体は潤うのか?

飲み過ぎて体調が悪くて救急外来へ!という人が減って、自分でお金を払って点滴を受けてくれれば救急外来の負担が減るのか?とも思いますが、そこまで体調が悪い人はきっと受け付けてくれないだろうなーと想像したりもします。

 

こちらの記事を参考にしました。

https://www.vardfokus.se/tidningen/2017/nr-11-2017-11/granskar-dropp-for-skonhets-skull/

# Lisa Indra


Mustaschkampen (口ひげキャンペーン)

口ひげキャンペーンはスウェーデンの前立腺がん協会が「前立腺がん」という疾患をより多くの人に知ってもらい、研究のために多くの資金を集めることを目的としたキャンペーン運動です。

 

日本では2017年は大腸がんが一番一般的ながんになるであろうと予想されていますが、皆さんはスウェーデンでどのがんが一番一般的かご存知でしょうか?

http://ganjoho.jp/reg_stat/statistics/stat/short_pred.html

 

スウェーデンで一番一般的なのは前立腺がんなんです。

https://www.cancerfonden.se/om-cancer/aktuell-statistik-om-cancer

 

スウェーデンでは毎日27人の男性が前立腺がんの診断を受け、10万人の男性が前立腺がんという疾患とともに生活しているそうです。

 

毎年10月に行われるピンクリボン運動は世界的なキャンペーンで、乳がんに多くの注目が集まりますが、スウェーデンで一番一般的な前立腺がんが語られることはあまりありませんでした。Wkipediaによれば、スウェーデン国民の70%が「乳がんが一番一般的な癌である」と思っているようです。
そして、女性に比べて、男性は体や病気のことに関して話題をするのが少ないのでは?とも言われています。そんな背景の元、もっと「前立腺がん」の知識を広め、関心を持ってほしいという思いから「口ひげキャンペーン」の運動が2007年より始められました。

 

私の周りでも、11月になると職場のお得さんや、義理の息子がこのキャンペーンのために口ひげを生やしたりしています。(彼の彼女からは大不評のようですが)

 

皆さんもこの機会に「前立腺がん」に関する知識を深めてみてはいかがでしょうか?

ピンクリボン運動同様、寄付の受付もしているようです。

 

https://www.youtube.com/watch?v=9X8_DsJ4RDk

 

http://mustaschkampen.eu/

# Lisa Indra


Rosa Bandet-kampanjen ピンクリボン運動 

日本同様、スウェーデンでも毎年10月はピンクリボン活動(Rosa Bandet-kampanjen)の月です。商品を買うとその金額の一部が「がん治療の研究」のための寄付されたり、TVでも寄付を募る番組が放映されます。今年は10月28日で7チャンネルです。

また、ジュエリーデザイナーであり、自分自身乳がんを経験しているEfva Attlingが2017年のピンクリボンのデザインを請け負いました。こちらはICA,LINDEX, Apotek Hjärtatで販売しており、一つ購入することで30krの寄付になります。

 

このようにして研究のための寄付を集めることも大事ですが、乳がんという疾患や予防についての知識を広めることもピンクリボン運動の大きな目的の一つです。

皆さんは乳がんの月に一度の自己チェックをされていらっしゃるでしょうか?私はがんの治療現場で働いているにも関わらず、気が向いた時にしかしていないという有様です。が、ピンクリボン運動の10月に心を改めて、毎月第一日曜日にシャワーを浴びる時に自己チェックを始めることにしました!
自己チェックについてはこちらのをご覧ください。

https://www.pinkribbon-oita.com/乳がんセルフチェック/

 

http://res.cloudinary.com/cancerfonden/image/upload/v1504096394/heroimgs/zjb0km0inmwwmfott4ni.jpg

 

 

もし、しこりを見つけたら

 

スウェーデンでは専門医を受診するためにはまずはVårdcentralenを受診するのが一般的ですが、乳房にしこりを見つけた場合は紹介状なしで直接病院に連絡を取ることが出来ます。

 

ストックホルムの場合

・Karolinska Bröstcentrum 08-517 70075

・Södersjukhuset Bröstcentrum 08-616 2300

・St Göran sjukhuset Bröstcentrum 08-5870 1360

 

ストックホルム県以外でも紹介状なしで病院受診が出来るのではないか?と思いますので、詳しくは1177vårdguidenで調べてみてください。

 

乳がんの患者会やがん基金のサイトにも沢山情報が載っていますので、こちらも是非ご覧になってください。
乳がん患者会

http://www.bro.org.se/ (スウェーデン語のみ)

 

Cancerfonden(がん基金 https://www.cancerfonden.se/)への情報・相談の窓口は

mailto:infostodlinjen@cancerfonden.se

Telefon: 020-59 59 59

 

そして来月11月はMustaschkampen。こちらに関してはまた後ほど~。

# Lisa Indra


キノ コ狩りシーズン になりました

スウェーデンはキノコ狩りシーズンに突入しました。

今年はキノコが豊作のようで、FacebookやInstagramでも沢山のキノコの写真がアップされています。
スウェーデンでも日本同様、毒キノコを食べて死亡、又は腎臓などに障害が出て透析が必要になったというケースも出ています。また、数年前ですがタイからの移民が、スウェーデンの毒キノコを母国で食べていた食用キノコと混同して食べてしまい、死亡するというケースもありました

こちらのページではスウェーデンで注意すべき毒キノコの情報が29か国語で載っています。(残念ながら日本語はありません)

https://giftinformation.se/servicemeny/in-english/mushroom-brochure/

キノコ狩りのルール
・食用キノコだと100%自信のあるキノコだけを採る
・味がよい毒キノコもあるので、味見をして毒があるかどうかを判断してはいけない
・最新のキノコの本を使用すること(20年前は食用キノコと言われていたキノコでも、新しい研究で毒が発見されたというケースも沢山あるので注意が必要。個人的にはPelle Holmberg著の「Nya Svampboken」をお勧めします。スウェーデンの一般的な食用キノコとそのキノコと間違いやすいキノコ、そして毒キノコが載っています)

もし、毒キノコを食べてしまった!と思ったら…
・112に電話をして、Giftinformationscenteralen(中毒センター)に繋いでもらう。
・緊急でない場合は、Giftinformationscentralen 010-456 6700へ連絡する。

https://giftinformation.se/globalassets/publikationer/svampbroschyr/engelska-english.pdf

# Lisa Indra


メンバー紹介:めがねうさぎです。

こんにちは。カロリンスカ大学Optikerprogrammet 在学中のめがねうさぎです。

1995年の夏に、祖母の荷物持ちとして日本からの北欧旅行に参加しました。その時に初めて訪れたストックホルムに住むことになるとは、不思議な縁です。日本では、子どもの頃からの夢を叶えて、小学校の教員をしていました。休みごとにヨーロッパを旅する生活をしていましたが、ある時、もうひとつの夢、ヨーロッパに住むことも叶えられる機会に恵まれました。ベルギーのブラッセル日本人学校で2年間働いた後、ストックホルム在住のスウェーデン人と結婚するために、こちらに移住してきました。

数年間は、スウェーデン語の勉強やアルバイトをしながら、この国で自分は何をしたいのか、と考えた時期でした。そして、移住してから7年を過ぎた昨年の秋、カロリンスカ大学に入学しました。2人の保育園児を育てながら、大学生活を送っています。約40人のクラスメイトの中では最年長ですが、記憶力や機動力の鈍さを要領の良さで補いつつ、Optiker(検眼士)として働く日を楽しみにして勉強しています。

眼鏡産業は日本の伝統ですが、高等教育を必要とするOptikerという職業はありません。日本の小中学校では、視力検査で1.0が見えるかどうかが重要な要素になっています。その後大人になってからも、1.0が見える、1.2が見えるイコール異常なし、という診断が普通です。その結果、私の場合こちらで大学に入るまで、自分が遠視であることを知りませんでした。近視と乱視の矯正は念入りですが、遠視(軽度の場合は特に)は見逃されがちな状況だと思います。

多くの人が、人生で一度は眼鏡を使うことになります。目の見え方の調整をすることで、生活の質を上げるお手伝いができたらいいと思っています。

# めがねうさぎ


メンバー紹介:Lingonです

はじめまして。Apotek Hjärtatで薬剤師をしているLingonと申します。

スウェーデンに来るまではまったくの文系でした。アメリカの大学でスウェーデン人と知り合い、紆余曲折を経てスウェーデンに移住しました。その後、スウェーデン語と理系科目を勉強して薬剤師の資格をとりました。

歳をとってからも勉強し仕事を得ることができること、育児休暇が取りやすいこと、休職して勉強することが可能なことなど、スウェーデンの柔軟な制度に感謝しています。

スウェーデンでは、1年につき約200 000人に投薬過誤が見られ、それが原因で約3000人が死亡するという統計も出ています。この状態を改善するために努力するべきなのですが、2009年に国営薬局の独占経営が終了して以来、薬剤師も売り子として店の売り上げを上げることが求められるようになりました。残念ながら、お客さんに薬の話をするより、セール中の商品の紹介に時間をかけろという方針です。人員も削除され、常に人手不足の中、短い時間でも有効にアドバイスすることができるようにならなければと思います。

医療の色々な分野で活躍されている方々にお話をお聞きするのを楽しみにしております。歳の割にはまだまだ駆け出しですが、どうぞ宜しくお願いいたします。

# Lingon


第1回 After Work @ Melanders Fisk Odenplan

すっかり涼しくなり、早くも冬の足音が聞こえてきそうなストックホルムです。

9月19日に、pendeltåg(郊外電車)も通るようになって便利になったOdenplan駅近くのMelanders Fiskにて、after workが開催されました。入れ替わり立ち替わりといった感じで10数名の方が参加してくださり、楽しい日本語での一時を過ごすことができました。

お魚屋さんのやっているレストランということで、私はサーモンのグリルをいただきましたが、とても美味しかったし、盛り付けも美しかったです。

今後も不定期ではありますが、ストックホルム在住の方を中心としたafter work、地方の方にも参加していただけるような週末の宴会などを企画して行ければ良いなあと思います。

今回は、永住組だけでなく、期間限定でいらっしゃっているドクターにも参加していただけました。ポスドクの方などにも是非参加していただければ一層輪が広がりますねー。

 

幹事さんも大募集ですー!

 

# dragonmamma

 


参議院議員団のスウェーデン視察に際し意見交換会

先日9月4日、参議院の超政党議員団がスウェーデン視察のため来瑞されました。川田龍平議員(民進党)を団長とする5名の議員の先生方(上野通子議員(自民党)、島村大議員(自民党)、中泉松司議員(自民党)、浜田昌良議員(公明党))がお越しになりましたが、JHPSからボランテイアの会員が意見交換会に参加しました。

 

フライトの遅延などもあり、時間に余裕のないランチミーテイングになりましたが、議員の先生方が日本の医療システムに危機感を持って、対応策を講じることに熱意を持ってくださっていることが伝わって参りました。スウェーデンの医療システムが必ずしも良い訳ではありませんが、スウェーデンの医療現場からの声をお伝えすることで、何か参考になることがあればいいなあと思いました。

川田議員の奥様は、ジャーナリストの堤未果さんとのことで、ご夫婦それぞれのご著書をお土産にいただきました。お読みになりたい方はご連絡ください。

 

# dragonmamma


ブータンの総合病院の癌ユニット訪問

ヒマラヤの小国ブータンというと、日本では幸福の国として知られていますが、私Birdwatcher は昨年に引き続き今年の夏季休暇もブータンで過ごしました。ブータン訪問は3回目です。休暇とは言っても、昨年行ったブータンの市民社会に関する調査を拡大した、ちょっとした調査をするのが主な目的でした。そのついでと言っては語弊がありますが、首都のティンプーにある総合病院を訪問して、総副婦長さんと癌ユニットの看護師さんおふたりに、ブータンの癌治療の現状について伺いました。私自身がカロリンスカ(ソルナ)の癌クリニックで、ブラキー治療にたずさわっているため、癌ユニットに興味があったのが理由です。これはその簡単なレポートです。訪問した病院の名前は、Jigmi Dorji Wangchuck National Referral Hospital (JDWNRH)といい、第3代国王の名前がつけられています。

まずはブータンの医療システムの簡単な説明ですが、ブータンには3つのReferral Hospital(日本語で特別な訳があるのでしょうか?)があり、 JDWNRH(短くJDと呼んでいるようです)の他には、東部のモンガール、中部のゲレフーにそれぞれあります。モンガールとゲレフーの病院で手に負えない患者さんはJDに送られて来るそうです。その他に21の郡病院、その下にはBasic Health Unit (BHU) 1と2がありますが、医師がいるのはBHU1までです。また専門医がいるのはJDだけだそうです。

患者の経済的負担という面から見ると、スウェーデンの医療制度は非常に寛大な制度ですが、ブータンは更にその上を行っています。患者の経済的負担がゼロであるばかりでなく、ブータン国内で治療できない患者さんを主にインドに治療に送る場合も、交通費、滞在費も含め全て国が負担します。患者さんばかりか、エスコートがつかなければならない場合には、その人にかかる費用も全て国負担だそうです。現状ではブータン国内で行なっている癌治療は主に抗癌剤治療だけで、手術と放射線治療は主にインドのコルカッタに患者さんを送ってするそうです。ただその負担が非常に大きいので、放射線治療は早ければ来年にもJDで始める予定で、機器はすでに準備されていて、これから看護師さんの教育を始める必要があると、総副婦長さんがおっしゃっていました。

さて癌のお話ですが、ブータンで一番多いのは胃癌だそうです。総副婦長さんはブータン人が辛いものを食べるのが原因のひとつだと言われているとおっしゃっていましたが、後で看護師さんからお話をうかがったところでは、ヒトパピローマウィルスが原因となっていることが多いのだそうです。全国をカバーしている癌登録によると、胃癌に続いて子宮頸癌、乳癌、卵巣癌が多いそうです。現在のところ子宮頸癌のスクリーニングは35歳以上の女性に行われているそうですが、マンモグラフィーは導入されていなくて、他の癌のスクリーニングもないということでした。スクリーニングが導入されたとしても、山がちで交通網も発達していない地方では、医療機関へのアクセスも極端に限られているので、国民を広く網羅するスクリーニングの導入は大きなチャレンジと言えるでしょう。

多くの患者さんのケースで、診断を受ける時にはすでに後期癌という状況だそうです。すでに転移している場合が多く、そういう患者さんへの抗癌剤治療はJDで行なっていますが、運よく早期発見で手術や放射線治療が有効な患者さんの場合は、上記のようにインドに送られます。患者さんをインドに送る手配をできる病院は、全国でこのJDのみだということです。

基本的に長期入院の患者さんというのはいなくて、例えば3−4日かかる抗癌剤治療を受ける患者さんは入院しますが、その他の患者さんは通院になるそうです。患者さんは通常病院に入院することを望まず、現実的に言ってしまえば自宅で死を迎えたがるので、退院や治療の終了に際しては、家族に痛み止めやその他の副作用に対応する薬の投与の仕方などを指示して、自宅に帰すのだそうです。また田舎の方に行くと、人々は自分が癌を患っているなどということを隣人に知られたくないと考えるケースが多いので、そういう社会的な事情も病院は考慮する必要があるというお話でした。こういうお国柄なので緩和ケアの施設は発達していなくて、前国王の一番末の妹さんのイニシアティヴでJDに緩和ケアのベッドが3床だけ設けられているということでした。訪問看護もないので、自宅での看護は家族が負担します。

次に看護師さんについてですが、他の多くの国と異なって、ブータンでは看護職は女性職という考え方は昔からなく、看護師さんの間に占める男女の割合も半々に近いのだそうです。私がお話を聞いた看護師さんは男女それぞれ1名ずつで、おふたりとも私の訪問時には抗癌剤治療にたずさわっていらっしゃいました。

JDでもカロリンスカと同様、抗癌剤の治療の決定は医師が行いますが、実際の治療は抗癌剤治療の教育を受けた看護師が行うそうです。お話を聞いてみると、ブータンの看護師さんたちもスウェーデンの看護師さんたちと同様、かなり重要な仕事を任せられ、大きな責任を負っているようです。抗癌剤に使う薬は、以前は病棟で看護師さんが調合していたそうですが、10年くらい前から薬局が担当するようになり、今では薬局の中でも抗癌剤の調合をするセクションは分かれているとのことでした。

ブータンでは全ての病院は国営なので、看護師さんたちは公務員です。女性の方の看護師さんはまだ若い方で、高校卒業後にタイで4年間看護学の勉強をしてブータンに戻り、公務員試験を受けたのだそうです。この試験に合格したら、どの病院に勤務するかは政府が決めます。彼女はJDに勤務して2年目だそうですが、腫瘍学に興味があるので、半年ほどのスペシャリストのコースを取ろうと考えているとのことでしたが、総副婦長さんからは修士に進むように励まされていました。

男性の看護師さんはもっと年上のようで、ブータンで2年間看護の勉強をしてディプロマを取り、その後タイで1年間腫瘍学の勉強をしたのだそうです。彼は看護大学では勉強していないわけですが、ブータンでよく見られる、継続学習でキャリアを積んできた人です。彼が看護師になった時代には、看護師の需要が多いのに供給が追いつかなかったので、公務員試験を受ける必要はなかったのだそうです。今では供給が需要を上回っているので、公務員試験はある意味でふるいの役割を果たしているとのことでした。

ひとつ面白いと思ったのは、ブータンでは看護師になると助産師としても働けるということで、例えば小児科で突然助産師の手が足りないとなると、別のユニットの看護師さんが臨時に送り込まれたりするのだそうです。日本でもスウェーデンでも、普通の看護師さんが助産師として働けるという話は聞いたことがないので、これには少し驚きました。

数年前に休暇でコスタ・リカに行った時も、公共の病院ではたとえ観光客でもお金を払う必要はなく、薬も無料でもらえるということを知って驚いたのですが(事実患者として診療所にかかったのです)、他の国の医療事情を知るのは面白いですね。

# Birdwatcher

 


水難事故

日本は猛暑が続いているようです。それに伴って、水難事故のニュースも増えているように感じます。そのうちの多くで、子供や、溺れた子供を救おうとした父親世代の命が失われていることに心が痛みます。2016年には800人以上もの方の命が失われたのだそうです。

 

今年のスウェーデンの夏は、さほど気温も上がらず、水温も低いままですが、水難事故は2017年前半の氷上からの水難事故死11例を含めて6月までに54人の方が亡くなっているとのことです(出典)。

氷上からの水難事故は通常、冬季のレジャーで、湖上(あるいは海上)のロングスケートに伴うものです。単独でのスケートや、水難事故に対応する装備なしでのスケートは危険です。何年か前に、カロリンスカ研究所の高名な癌研究者である教授がLidingöでスケート中、水面下に落下しヘリコプターで搬送され一命を取り留めたという話を聞いたこともあります。

 

 

Svenska LivräddningssällskapetのHPによると、スウェーデンでの水難事故の大半は中高年者の男性であるそうです。遊泳中の水難事故もそうですが、日本と違ってボート遊びが身近なスウェーデンでは、ボートからの水難事故が多いのが特徴です。救命具をつけて乗船するのが通常で、救命具をつけていればほとんどの場合命を落とすことはありませんが、つけていなかったり、ボートで飲酒をすることも多いので、酔った状態で命を落とすことも多いようです。統計を見ての印象では、日本より子供の犠牲者が少ないように感じます。以下のグラフの横軸は年齢、縦軸は死亡数です。

水難事故に対する対応として、読売新聞に「一瞬で沈む水難事故…救助は「浮いて待て」」という良い記事が載っていたのでご紹介したいと思います。溺れた時には慌てて立った状態で助けを求めることが多いのだそうですが、浮力上、圧倒的に不利であるため、背浮きの状態で助けを求めるべきだそうです。また、叫ぶことにより肺から空気が出てしまうと、これも浮力を失う原因になるのだとか。確かに考えれば当たり前なのですが、言われないと認識しないことですね。

 

詳しくは元記事のリンクをご覧ください。

楽しいはずのレジャーが一転、悲劇とならないように気をつけたいものです。

# Dragnonmamma