Huggorm フッグオルムに噛まれたら

フッグオルムはスカンディナビアでは唯一の野生の毒ヘビです。毒ヘビですが、fridlysta、つまり捕まえたり殺したりできません。

地色は比較的明るい地色でジグザクの模様があります。時には地色が黒くて、他の無毒のヘビsnorkar スノークと区別するのが難しいことがあります。スノークの場合頭の部分の両脇に黄色い斑点があり区別することができます。

写真はhttps://sv.wikipedia.org/wiki/Huggorm から転載。

 

フッグオルムに噛まれても、ヘビ毒を出さない場合は症状がありません。噛まれてヘビ毒を注入されても、毒の量と毒に対する反応の個体差によって症状が違ってきます。

 

一般的に、噛まれた部分が腫れます。全身の反応としては、吐き気、嘔吐、腹痛、下痢、めまい、冷や汗、などがあります。

 

噛まれた場合、アドバイスを受けるにはgiftinformationscentralen (112, または010-456 67 00) に電話してください。

 

噛まれた場合、病院で経過観察することが勧められます。病院へ行く時の注意事項は以下の通りです。

  • なるべく静かにして、動き回らない。
  • 噛まれた部分は触らず、高く(!)挙げておく。
  • 噛まれた部分は腫れるので、靴や腕時計は外す。
  • 噛まれた部分はそっとしておく。毒を吸い出そうとしたり、冷やしたり、暖めたりしないこと。

 

治療には抗毒の血清があり、全身症状を抑えるのに有効です。

 

この記事は、Vårdguidenを参考にしました。

https://www.1177.se/Stockholm/Fakta-och-rad/Sjukdomar/Huggormsbett/

 

# Flower watcher

 

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *